top of page

チワワにおすすめのドッグフード選び方


この度、チワワにおすすめのドッグフード選び方の記事監修をさせていただきました。

以下、記事抜粋。


チワワは小型犬の中でも最小で飼いやすく、長年トップを争う人気の犬種です。ですが、小さいが故に与えるドッグフードについて

  • 「太りすぎで関節を痛めてしまった。ダイエット用のドッグフードの方がいい?」

  • 「涙やけが改善するドッグフードってあるの?」

  • 「好き嫌いが多くて食いつきが悪い!」

など、多くの悩みを抱える方もいるのではないでしょうか?


チワワに合うドッグフードの選び方

チワワにおすすめのドッグフードを選ぶうえで重要だと思うポイントは5つあります。

ドッグフードを選ぶポイント

  1. 余分な添加物が使われていない

  2. 体型に合わせたカロリー・脂質のもの

  3. 関節や胃腸をサポートする成分を配合

  4. オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が含まれている

  5. 小粒で硬すぎない粒


①余分な添加物が使われていない

ドッグフードにはその品質を保つために必要な添加物と不要な添加物の2種類があります。

必要な添加物

  • 栄養添加物

  • 酸化防止剤

  • 保存料など

不要な添加物

  • 着色料

  • 発色剤

着色料や発色剤はフードの見栄えを良くするためだけに使われ、本来ワンちゃんには不要な添加物。

チワワの健康を考えたときに、ドッグフードに使用されている添加物がどのようなものかしっかり把握しておきましょう。


②体型に合ったカロリー・脂質のもの

カロリーや脂質は愛犬に合ったものを選びましょう。

まずは愛犬が太りすぎなのか?痩せすぎなのか?ちょうどいいのか?を知る必要があります。

ワンちゃんは犬種によってかなり体格差があるだけでなく、個体によってもその体格は全く異なるため体重だけでは、体型の判断ができません。 ボディコンディションスコアを参考にしながら愛犬の体をチェックし、もし太り過ぎや痩せすぎと感じるようであれば動物病院に相談しましょう。

・太りすぎの子

低脂質や低カロリーのフードを選びましょう。脂質は10%以下、カロリーは100gあたり350kcal以下に抑えたドッグフードを選んでいきましょう。主原料が穀物ではなく、良質なたんぱく質であることも大切です。


・痩せすぎの子 食べムラや食いつきが悪いことが原因である場合には高カロリーのものを選びましょう。 脂質は10%以上、カロリーは100gあたり350kcal以上のものを選ぶといいでしょう。

食いつきが良いという口コミが多いものを選ぶと愛犬が食べてくれる可能性が増します。 一方で、何か病気が隠れていて痩せていることもあるので痩せている子ではまず一度動物病院に相談しましょう。


・理想体重の子

現在与えているドッグフードの脂質量、カロリーの前後で探すといいでしょう。

ドッグフードの平均的なカロリーは350kcal、脂質は10~13%です。

飼い主さんだけの判断で体重調整をするには危険なこともあるのでまずは動物病院で愛犬のボディコンディションスコアや今の体格からの目指すべき理想体重を相談しましょう。


③関節や胃腸をサポートする成分を配合

チワワは身体が小さく、他の犬種に比べ関節のトラブルやお腹のトラブルを引き起こしやすいです。 特にチワワでは膝蓋骨脱臼(パテラ)になりやすい子が多く、一生付き合っていかないといけないことも少なくありません。

フードだけで症状をコントロールすることは難しいですが、毎日食べるドックフードで少しでも症状を緩和してあげたい!そんな場合には、「グルコサミン」や「コンドロイチン」などの関節をサポートする成分が配合されているドッグフードを選ぶといいでしょう。

またお腹のトラブルで悩むチワワも少なくありません。

消化にいい食材が使われているだけではなく、腸内環境をサポートしてくれるような「オリゴ糖」「乳酸菌」などの成分が配合されたドッグフードがおすすめです。


④オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が含まれていること。

オメガ3、6脂肪酸は健康な皮膚や美しい毛艶を得るために必要な栄養素です。

皮膚や被毛が痛んでいると、抜け毛が多くなったり毛の癖が多くなってボサボサに見えてしまうこともあります。

美しい毛並みを維持するためにもオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸が含まれているドッグフードを選んでいきましょう。

更にオメガ3脂肪酸はチワワが悪くしやすい心臓だけでなく、腎臓や関節など広い範囲に効果的である可能性が示唆されています。


⑤小粒で硬すぎない粒

チワワは小型犬の中でも、体格が小さく顎も小さいです。

大粒のドッグフードは食べにくく喉につまらせてしまう可能性があります。

またシニア犬や歯が弱くなってしまうと、極端に硬いドッグフードはかみ砕けません。

チワワには粒が1センチ以下の小粒なドッグフードを選んでいきましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はチワワに合ったフードの選び方を、ランキングを織り交ぜながらご紹介しました。

ドッグフードもそれぞれ犬種に合った選び方や与え方があるので、しっかり調べてから購入することはとても大切です。

長年家族として大切に育てていくためにも、チワワに合ったドッグフードを探してみてくださいね。




Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page